スタッフブログ

サーキット研修(本コース)試乗記

カテゴリー ショールームダイアリー
スタッフ 浦田 ユカリ / ウラタ ユカリ   [セールススタッフ/アクセサリーアンバサダー]
[2021/11/20]
セールススタッフ/アクセサリーアンバサダー 浦田 ユカリ
こんにちは。

アルファ ロメオ松本の浦田です。

本日は、いよいよサーキット研修の本コースについて発信していこうかと思います。

発信するか迷いに迷いましたが、お客様から「本コースの記事はどうしたのぉ?」と待って下さっておりましたので、意を決して発信いたします。

まとめることやお伝えしたいことが多すぎたので、なかなか発信できず申し訳ありませんでした。

やっと、私の中で感覚や体験談をまとめることができたと思うのでお伝えいたします。
まず、プロのドライバーからアルファ ロメオのスペックや他車とのパワーの違いやスペックの違いの講習を受けました。

講習で学んだことをコースで体感です。

緊張しますね。。。

ショートコースは、長いストレートがなく、主にコーナリングやL字ランクなどでステアリングを切った時のレスポンスやとりまわっしのしやすさを確認いたしました。

昔、自動車免許を取るときに教習所でやったことがあるなぁ~。と思いながらいろいろなお車で乗り比べ。

車によって全くレスポンスや取り回しのしやすさが違いびっくりしました。

セダンもSUVもどちらでもチャレンジしましたが、アルファ ロメオはギア比が早くオーバーハングも短いため非常に扱いやすかったです。

何より、狭い道でハンドルを右へ左へ大きく切らなけえばならない状況でのステアリングの軽さは女性にとって必須条件といえるのではないでしょうか?

実は女性にこそ運転して頂きたい!と浦田は常に思っております。
ロングコースでは、ストレートや高速域でのコーナリング、ブレーキ性能を

某 ポ社・ビ社・メ社・ア社を各社乗り比べながら体感いたしました。

ロングコースを試乗研修をしましたが、正直、サーキットは男性の方が向いている世界だと痛感致しました。

加速感、ブレーキ性能、ハンドリング(コーナリング性能)などを注力して体感いたしましたが、さすがヨーロッパ車ですね。

ブレーキ性能については各社、最高に効きも良かったです。

ですが、コーナリングに入った時は圧倒的に差が出ますね。

お車の基礎にかけられているコストの差が顕著にでますね。

ヘアピンコーナーを抜ける際に某メーカーさんは車体が歪む?ねじれるという感覚すら感じました。

また、重量バランスも非常に大事な項目なのだと実感いたしました。

重量バランスがフロントに偏ってしまうと、どうしても車体に余計な力がかかってしまいコーナリングは気持ちよくありませんでした。

また、ゆがみとオーバーステアの両方が同時にかかった時は、体調不良に直結します。

全部で9周乗り換えをしながら研修を致しましたが、最終的にはグロッキーになってしまいました。

最後にプロのレーサーの助手席に座らせてもらい、クアドリフォリオの本来のスペックをタクシー形式で同乗させて頂きました。

どんなアトラクションよりもスリリングで感動しました。

スリリングと言ってもけして恐怖していたわけではないのでご安心ください。

語彙力のなさが表れてしまう研修報告となりましたが、最後までご愛読いただきましてありがとうございました。

また、細かな内容が気になる方は、ジュリア・ステルヴィオのご試乗の際に一緒にご案内いたしますのでお気軽にお申し付けください。

一人でも多くのお客様にアルファ ロメオ野魅力をご体感いただける日を夢に見て本日も精進いたします。
 前へ | スタッフブログ一覧へ | 次へ 
ページ上部に戻るページ上部に戻る
2021年12月(0件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サーキット研修(本コース)試乗記

カテゴリー ショールームダイアリー
スタッフ 浦田 ユカリ / ウラタ ユカリ   [セールススタッフ/アクセサリーアンバサダー]
[2021/11/20]
セールススタッフ/アクセサリーアンバサダー 浦田 ユカリ
こんにちは。

アルファ ロメオ松本の浦田です。

本日は、いよいよサーキット研修の本コースについて発信していこうかと思います。

発信するか迷いに迷いましたが、お客様から「本コースの記事はどうしたのぉ?」と待って下さっておりましたので、意を決して発信いたします。

まとめることやお伝えしたいことが多すぎたので、なかなか発信できず申し訳ありませんでした。

やっと、私の中で感覚や体験談をまとめることができたと思うのでお伝えいたします。
まず、プロのドライバーからアルファ ロメオのスペックや他車とのパワーの違いやスペックの違いの講習を受けました。

講習で学んだことをコースで体感です。

緊張しますね。。。

ショートコースは、長いストレートがなく、主にコーナリングやL字ランクなどでステアリングを切った時のレスポンスやとりまわっしのしやすさを確認いたしました。

昔、自動車免許を取るときに教習所でやったことがあるなぁ~。と思いながらいろいろなお車で乗り比べ。

車によって全くレスポンスや取り回しのしやすさが違いびっくりしました。

セダンもSUVもどちらでもチャレンジしましたが、アルファ ロメオはギア比が早くオーバーハングも短いため非常に扱いやすかったです。

何より、狭い道でハンドルを右へ左へ大きく切らなけえばならない状況でのステアリングの軽さは女性にとって必須条件といえるのではないでしょうか?

実は女性にこそ運転して頂きたい!と浦田は常に思っております。
ロングコースでは、ストレートや高速域でのコーナリング、ブレーキ性能を

某 ポ社・ビ社・メ社・ア社を各社乗り比べながら体感いたしました。

ロングコースを試乗研修をしましたが、正直、サーキットは男性の方が向いている世界だと痛感致しました。

加速感、ブレーキ性能、ハンドリング(コーナリング性能)などを注力して体感いたしましたが、さすがヨーロッパ車ですね。

ブレーキ性能については各社、最高に効きも良かったです。

ですが、コーナリングに入った時は圧倒的に差が出ますね。

お車の基礎にかけられているコストの差が顕著にでますね。

ヘアピンコーナーを抜ける際に某メーカーさんは車体が歪む?ねじれるという感覚すら感じました。

また、重量バランスも非常に大事な項目なのだと実感いたしました。

重量バランスがフロントに偏ってしまうと、どうしても車体に余計な力がかかってしまいコーナリングは気持ちよくありませんでした。

また、ゆがみとオーバーステアの両方が同時にかかった時は、体調不良に直結します。

全部で9周乗り換えをしながら研修を致しましたが、最終的にはグロッキーになってしまいました。

最後にプロのレーサーの助手席に座らせてもらい、クアドリフォリオの本来のスペックをタクシー形式で同乗させて頂きました。

どんなアトラクションよりもスリリングで感動しました。

スリリングと言ってもけして恐怖していたわけではないのでご安心ください。

語彙力のなさが表れてしまう研修報告となりましたが、最後までご愛読いただきましてありがとうございました。

また、細かな内容が気になる方は、ジュリア・ステルヴィオのご試乗の際に一緒にご案内いたしますのでお気軽にお申し付けください。

一人でも多くのお客様にアルファ ロメオ野魅力をご体感いただける日を夢に見て本日も精進いたします。
月別表示
カテゴリー別表示
スタッフ別表示
ページ上部に戻るページ上部に戻る